車査定の上手な活用法

車を買い替える、あるいは手放すとき、少しでも高く買ってくれる業者に売りたいですよね。でもよくわからないから、適当に選んだりする人が多いようです。実際には、値段に相当さがあるという事実はあまり知られていないかもしれません。ディーラーとかは、その時の一般的な相場でしか買ってくれませんし、それ以下のときも多くあります。でも買い取り業者には、それぞれ得意な車種があったりします。 軽自動車が得とか、ワンボックスカーに強いとかです。古い車を上手に買ってくれる業者もいれば、ほとんど値段を付けずに買いたたか業者もいます。ですから、複数の業者に見積もりを取ることが大前提になります。値段が1.5倍とか違うこともざらにあります。車の状態によって、値段が変わるのは当然ご存知だと思います。例えば洗車をしてワックスをかけておく、これだけで見た目の感じや塗装の状態の見え方が大きく変わります。小さい傷なら、自分で治しておいたほうが、査定を引き上げることになることもあります。 1万円出して直して、5万円上がるなら直したほうがお得です。これは査定のときに思い切って聞いてみるのも手かもしれません。内装も、ダッシュボードなどをきれいにして、レザーワックスなどをかけておく、きれいに掃除して、よけいなものはかたずけておく、消臭スプレーや消臭剤を入れておくといったことでも印象がだいぶ違います。アルミホイールやタイヤもプラス査定につながることがあります。純正品だといってあきらめる必要もないかもしれません。状態が良ければ、プラス査定を付けてくれることもありますし、タイヤの溝もしっかり残っていれば、評価してくれることも多いです。もちろん社外品であれば、なおのこと評価の対象になるはずです。メンテナンスの状態も示す記録もしっかり用意しておきましょう。オイル交換のステッカーや作業の記録、各種メンテナンスの状態を示すものは、しっかりアピールできるように用意しておくといいと思います。このように自分が車を大事にしていることをしっかりアピールできれば、平均的な評価から少しでもプラスしておくことができるはずです。大事に乗った車ですから、買い取ってもらうときの自動車査定でも高くできるように、今からしっかり準備しておきましょう。それが自動車査定を高くする一番の近道です。ボディーの傷とか塗装の状態、内装の状態などです。でもこれはちょっとした手間で値段を下げずに済むかもしれません。

MENU

車査定の上手な活用法
どうせ車査定するなら高い方がお得
車査定サイトをプロが斬る